かんちゃんの備忘録

プログラミングや言語処理、ガジェットなど個人の備忘録です。(メモ書き+α)

Gitレポジトリ内でのNameやEmailの設定

一つのGitアカウントで、会社と個人の両方を使っています。 そうした場合に、会社のレポジトリでは会社のEmail、個人のレポジトリでは個人のEmailをコミットログに残しておきたいです。

そのための設定の備忘録です。

localで設定

単純です。 作業対象のGitレポジトリだけに有効なローカルの設定を適用します。

$ cd git_repository
$ git config --local user.name "First Last"
$ git config --local user.email name@domain

上記の設定により、レポジトリルート以下の .git/config ファイルに次の内容が記述されます。

[user]
        email = name@domain
        name = First Last

どうしてlocalで指定するのか

あるディレクトリ以下のレポジトリに対しては、ある設定ファイルを適用するという方法があります。 この場合、設定したことを忘れて影響範囲がよくわからなくなりそうです。

globalに設定するとlocalで指定することを忘れてしまいます。

この2つのパターンから、globalには設定せずに、localで指定するのが良さそうと考えました。

local適用パターンでちょっと運用してみようと思います。